イニシエーションラブ※ネタバレあり


今更ですが、映画イニシエーションラブ見ました。(ネタバレ含むのでこれから見る方は読まないでください。)

  
小説は全く読んだことなくて、最後の五分で覆る、ということと、コワイっていう友人の感想だけを念頭に見てみました。かなり面白いという期待を抱いて。

早速ネタバレしますが、AからBへと変わっていって進んでいく話が、実は2人の男性が存在する違う話で、前田敦子扮するヒロインが二股をかけていたっていうオチでした。

私は、序盤のサイドAでの、夕樹という男性をたっくんと呼ぶという行為に違和感を感じ、もう1人たっくんおるやろ!とわかってしまいました…。

そして、Bになった瞬間に、

いや待て、あのデブが松田翔太になる?これ一回整形挟んでない?いや挟んだとて無理じゃない?別に幼少期とかやないんやけ、松田翔太が役作りで太ってから前半の役をやるべきやった。って言うかそんくらいやりそうな役者なのになんでせんかったん?

という、そこかよ!という違和感から、更に年代表記が出なくなったことを含めて、
サイドBって、サイドAの前の話やろ……。とほぼ確信に変わり、あとはもう答え合わせのように映画をみてしまいました。

しかも、映画を見ながら一緒に見てた両親に全部話してしまいました。

それを聞いた母に「いやいやわかりにくい!なんでそういう話なん!普通の人もわかるようにせなダメやろ!」と言われ、

「いやどうかしらん、私の推理やけわからんでいいっちゃない、違うかもしれんし。」と答えましたが、ラストには、思いっきり

面白くない……という顔をされました。

私も面白くなかった、、、。

松田翔太とあの太った役者さんが見えなかったら絶対騙されてたと思うからもっかい記憶消して小説から読み直したい……。

推理モノを好きになって1年半くらいですが、明らかに伏線を見つけるのがうまくなっています……バンバンミスリードにひっかかるタイプだったのにわたし……

ミステリーって慣れなんだなぁ…。(´・_・`)

誰か同じ想いした人いないかしら。




ちなみに、たっくんのギミックは、篠田麻里子さまの握手会の神対応コピペを読んでいなかったら気付いてなかったと思います。⇩


ファン1「こんにちは、清水です。はじめまして。」 

篠田 「しみず君か、しーちゃんって呼んでもいい?」 

ファン1「はい!」 
ファン2「千葉といいます。ずっとファンでした。もちろんこれからも!」 

篠田 「ありがとう。千葉さんってイニシャルがCだね。しーちゃんって呼んでもいい?」 

ファン2「もちろんです!」 
ファン3「高橋です。AKBで一番好きです。憶えて欲しいなあ。」 

篠田 「これからもよろしくね。”たかはし”だから最後の”し”をとってしーちゃんって呼ぶね!」 

ファン3「やったー!」 
ファン4「僕、上田。篠田さんに憶えてもらえるように頑張ります!篠田さん一筋です!」 

篠田 「じゃあー”しのだ”の”し”をとってしーちゃんって呼んじゃおっかな?」 

ファン4「本当に?篠田さんの名前にちなんだあだ名なんて最高です!」 
ファン1「今日2週目です。憶えてます?」 

篠田 「しーちゃんだよね?」 

ファン2「僕だーれだ?」 

篠田 「あ!しーちゃんまた来てくれたんだ。」 

ファン3「た か は し です。僕のあだ名覚えてる?」 

篠田 「し - ちゃ ん  だよね?」 

ファン4「さっきあだ名つけてもらったんだけど」 

篠田 「しーちゃんのこと私が忘れると思う?」

  
団扇を作りながら見ました。