福山雅治と結婚する為に。


永遠に結婚しない独身と言われていた福山雅治(46)が結婚した。
お相手は13歳年下の吹石一恵(33)。

私は生まれてこのかた福山雅治に対して好きだと思ったことは一度もないのに、謎の敗北感を感じてここ5日ほど喪失感に襲われている。

私の旦那は川越シェフで、吹石一恵の旦那は福山雅治であるという現実に見る、前世の行いとは。

おそらく私は前世、天下の大泥棒かなにかで、お金持ちの家からだけでなく、平民の家からも米や小判を盗み、あまつさえ道行く野良猫の運んでいる魚すら盗み取り、多くの人を悲しませたに違いない。

対して吹石一恵はというと、命懸けで100人規模の人助けを日課のようにしていたとか、道行く蟻にさえ挨拶していたとか、とにかく私とは大きな差があったように思う。

 結果彼女はこのような形で今世でのラッキーイベントが発生し、

 
私はこうなった。

 

そうでなければ色々と納得がいかない。

いやむしろ今も納得がいっていない。彼女は福山雅治と結婚した挙句、この乳の持ち主である。

  

やはり納得がいかない。

私は今世では3回も結婚したし、もういい加減次のことをあーだこーだ言えるような年齢でもなくなってきた。

(あと、今世は太ってるのにおっぱい大きくないし。)

なので私はやはり、前世の吹石一恵と同様、「来世の私」に期待したいと思う。

今日から毎日、迷子を交番に連れて行くし、おばあさんの荷物を持ち運んであげるし、妊婦さんのことは手を取って病院まで連れて行く。

人が溺れていたら川に飛び込むし、遭難している人たちは地元に連れ帰ってやる。

雨が降っていたら雲を蹴散らし太陽の顔を見せてあげるし、海が荒れたら風を止め、津波を止め、地震に備えて日本全土を支えていこうと思う。

さすれば私は来世では、巨乳を揺らし歩き、福山クラスの男がビールを飲むのを見て好きになっても、ちゃんと結婚してもらえるのだろう。

その日を楽しみに、今日から生きていく。

福山雅治が結婚したせいで私が日本全土を支えることになり、私のような女性が大量に現れ、世界規模で犯罪は減少、地球は平和に包まれる。

……と思う。